喫煙者は禁煙するだけでも冷え性改善になる!

分煙や、禁煙ブームがすすみ、愛煙家にとってはとても住みづらい世の中になりましたね。
しかしながら、本当に禁煙は百害あって一利無と言われるように、体には良い影響などないのです。
それでも、喫煙仲間同士とのコミュニケーションや働く人々にとっての休息になっているのであればすべてを否定することはできませんが、体への影響は考えるべきです。

喫煙は体を冷やす!?

容易に想像できる話ではありますが、喫煙をするとタバコ中に含まれるニコチンなどの成分が血管を収縮させます。
そのため血液の流れは悪くなり、体が冷えます。これを続けると、病気が好む体質になるのです。
病気は血流の悪い体が好きで、流れの悪いところに住み着きます。
タバコを吸い続ければ吸い続けるほどそのリスクは高まり、直接関係のある肺に関しては肺ガンという恐ろしい病気まで引き起こしかねないのです。

早めの禁煙でリスク回避

喫煙と冷え性の関係いくら喫煙が体に悪いとわかっていても、なかなかやめることができないのが喫煙です。
特に喫煙のリズムが体にしみついた人にとっては、ひと仕事おわったら喫煙をするというのが一日の流れになってしまっています。
それを無くしては心の休まるところがないといえるでしょう。

習慣づいてしまうと、それなしでは落ち着かず、また体もニコチン中毒になっているので精神的にもイライラします。
やめるのは容易ではありませんが、女性であれば体の冷えがひどいと感じるのが多いのがやはり愛煙家であり、妊娠時には医師からもきつくやめるようアドバイスされるでしょう。

喫煙は身体を冷やし、妊娠しにくいからだを作りますが、仮に妊娠したとしても血管の収縮が起こりますのでお腹の赤ちゃんが苦しがり大変危険です。
未熟児などの可能性も出てきますし、これは受動喫煙でも同様であるため家族の喫煙状況も病院では聞かれることになるでしょう。

この時に禁煙を意識するのはいささか難しく、精神状態も不安定である上に禁煙は非常に厳しいものになります。
妊娠を意識したら早めの禁煙を心掛けましょう。
それが気になる冷え性改善にもつながるのです。


Comments are closed.