冷え性からくる不妊の恐怖

冷えは万病のもと、といいますが肩こりや筋肉疲労、生理痛など様々なところで実感した経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。
しかしながら、女性系の問題においてこれほどまでに冷えの恐ろしさを実感することはないといえるでしょう。
女性は腰を冷やすなといいますがその通りで、子宮や下半身を冷やすことは、妊娠しにくいからだを作ってしまうことになるのです。

不妊に陥る冷え性の恐ろしさ

暖かくて居心地のよい子宮には赤ちゃんが宿ります。
しかしながら冷たくて居心地の悪いところにはどうでしょうか。
これは単なるたとえ話や空想の問題ではなく実際に妊娠しやすいからだになれるかどうかといった話に発展します。


【参考動画:冷え性と不妊症

排卵中にはホルモンの関係で体温は上昇します。
赤ちゃんが宿りやすい環境というのはいつの日も、子宮があたたかいかどうかが関係してくるのです。
仮にめでたく子供を授かったとしても、難産になったり逆子になってしまったりといった理由の一つとしては体の冷えが原因だといわれているのです。
このため、若い頃には大丈夫、と思っていてもいざその時になって体を大切に温めておけばよかったと実感することになるのです。

肌を出したファッションも若いときにしかできない楽しみであるので大いに結構ではありますが、家に帰ったら腰まであたたかいお湯につかったり暖かいハーブティーを飲むことを忘れずに。

改善するためには生理不順を治そう

なかなか妊娠できないと悩んでいる夫婦にとって、タブーはどちらのせいかということ。
どちらか一方に問題がある場合もありますし、両方の場合ということもあります。

しかしながら、女性としては自分の子宮に妊娠の準備が出来ているのか問いかける必要はあるといえるでしょう。
月経不順で長年悩んでいたという人でも、方法次第では周期を安定させることができます。

その一つに、ピルがあります。
ピルというと避妊のために使うといったイメージを持つ人が多いと思います。
しかしながら、ホルモンのバランスを整えるといった意味でも利用され、妊娠しやすいからだ作りにも役に立ってくれることがあるのです。

ピルを摂取すると、不順だった生理が整ってくるのを感じることができるでしょう。
それがチャンスです。
しばらくして周期が整ってきたのを見届けてから、摂取をやめた瞬間、子供を授かったという人があまりに多いのです。

これを助けてあげるにあたって、体の冷えを取り除くということは非常に大切です。
血管を収縮させる喫煙はもっての他ですし、生姜など体を温めるものを多く摂取することで妊娠に一歩近づきます


Comments are closed.