6月 14 2017

喫煙者は禁煙するだけでも冷え性改善になる!

分煙や、禁煙ブームがすすみ、愛煙家にとってはとても住みづらい世の中になりましたね。
しかしながら、本当に禁煙は百害あって一利無と言われるように、体には良い影響などないのです。
それでも、喫煙仲間同士とのコミュニケーションや働く人々にとっての休息になっているのであればすべてを否定することはできませんが、体への影響は考えるべきです。

喫煙は体を冷やす!?

容易に想像できる話ではありますが、喫煙をするとタバコ中に含まれるニコチンなどの成分が血管を収縮させます。
そのため血液の流れは悪くなり、体が冷えます。これを続けると、病気が好む体質になるのです。
病気は血流の悪い体が好きで、流れの悪いところに住み着きます。
タバコを吸い続ければ吸い続けるほどそのリスクは高まり、直接関係のある肺に関しては肺ガンという恐ろしい病気まで引き起こしかねないのです。

早めの禁煙でリスク回避

喫煙と冷え性の関係いくら喫煙が体に悪いとわかっていても、なかなかやめることができないのが喫煙です。
特に喫煙のリズムが体にしみついた人にとっては、ひと仕事おわったら喫煙をするというのが一日の流れになってしまっています。
それを無くしては心の休まるところがないといえるでしょう。

習慣づいてしまうと、それなしでは落ち着かず、また体もニコチン中毒になっているので精神的にもイライラします。
やめるのは容易ではありませんが、女性であれば体の冷えがひどいと感じるのが多いのがやはり愛煙家であり、妊娠時には医師からもきつくやめるようアドバイスされるでしょう。

喫煙は身体を冷やし、妊娠しにくいからだを作りますが、仮に妊娠したとしても血管の収縮が起こりますのでお腹の赤ちゃんが苦しがり大変危険です。
未熟児などの可能性も出てきますし、これは受動喫煙でも同様であるため家族の喫煙状況も病院では聞かれることになるでしょう。

この時に禁煙を意識するのはいささか難しく、精神状態も不安定である上に禁煙は非常に厳しいものになります。
妊娠を意識したら早めの禁煙を心掛けましょう。
それが気になる冷え性改善にもつながるのです。


6月 11 2017

毎日湯船につかって冷え性を改善しよう

ひと昔前まで、日本人であれば湯船につかるのが当たり前とされてきましたが、今ではおよそ7割の人たちが夏場はシャワーで済ますと回答しているそうです。
確かに、暑い夏であれば体の汚れを落とすだけで、わざわざ暑いのに体を温めなくてもよい、と考えるのも不思議ではありません。
しかしながら、湯船につかるという行為がもたらす効果は、ただ単に体を温めるということだけではないのです。

夏場でも体は冷える?

実は、体が冷えるのは冬場だけではありません。
むしろ、夏の方がクーラーがキンキンに効いたオフィスで手足が冷えてしまったという話をよく聞きます。

冬場であれば、室内は暖房が聞いていますし厚手のソックスなどを着用しているので体は冷えにくく、むしろ薄着で冷たいものを大量に飲んだりしてクーラーを浴びる夏場の方が体を冷やしやすいともいえるのです。
身体が冷えると、風邪をひくということもありますがその前に体がだるい、頭が重いといった症状が出始めます。

汗をかくことは体内の温度を調節する大切な役割を果たしているのですが、それをせずに体を冷やしてばかりいると冷え性の原因となり、体のあらゆる機能が働かなくなってきてしまうのです。
身体が冷えやすくなるとそれは習慣化しやすく、体質となります。

気づいた頃に戻したくてもなかなか戻りません。
夏場であっても、夜には湯船につかって体をあたため、発汗することで代謝をよくすると、血流もよくなり健康につながります。


【参考動画:夏の冷え対策!冷え症対策の入浴法

健やかなことは美しいこと

健康イコール美であることがいまいちわかっていない人をよく目にします。
無理なダイエットなどをしている自分に酔って、本来の健康な状態を見失っていませんか?

美しさの本質は健康にあります。
健康に良いものを沢山摂取し、カロリーもほどよく摂取し燃焼しやすいからだを作ります。
ほどよい運動をし、入浴で汗を流すといった人々が長年続けてきた習慣こそが、健康に生きる秘訣なのです。

今ではファストフードなどで採り過ぎたカロリーを、サプリで排出し、必要な体内の油分を失ってしまうといった流れもよく耳にしますが、何よりも健康的であることが髪や肌を健やかに保ち美しいボディラインを作るのです。


6月 9 2017

食生活を見直して冷え性を改善しよう

野菜は体に良い!と信じて野菜を多く摂取する、それはとても良いことです。
しかしながら、昔から季節には季節のものをというのが当たり前。

輸入やハウス栽培などで年間を通じて季節の異なるものが食べられるようになった今、食卓に季節感が消えかけています。
例えば夏野菜のトマトやキュウリなどは冬でもサラダで食べることでしょう。
しかしながら、これらは体を冷やす作用があるので冬にはもともと不向きなのです。

体を温めるものを積極的に摂取しよう

身体をあたためる食材というとまず思いつくのが生姜。
風邪の時はすりおろして紅茶にいれたりはちみつを加えたりなどすることで飲みやすく、効果テキメンであるといわれています。

料理などにも使うことでより食材をおいしくし、なおかつ体に良い生姜は様々なシーンに取り入れたいもの。
もともとはあまりお洒落なイメージのする食べ物ではありませんでしたが、健康ブームの今でこそ、多くのモデルさんたちが紹介していることでジンジャーティーなどもメジャーになってきています。


【参考動画:生姜紅茶(しょうがティー)の作り方

また、かぼちゃやニンジンなど冬野菜と言われるものや根菜は、体を温めてくれます。
温野菜にすると食べやすく、スープなどにすると量も多く食べることができるでしょう。

覚えておくコツとして、暖かい土地でとれるものは体を冷やし、寒い地域でとれるものは体をあたためるということ。
自然の摂理に従っていけば、体は満たされるということですね。

日ごろの飲み物に注意

いくら喉がかわくからといってがぶがぶと冷たい飲み物を飲むことは、内臓を冷やし体に悪影響を及ぼします。
夏場であってもあたたかいお茶は飲んだあとさっぱりとした清涼感を与えてくれるのでおすすめですよ。
ハーブティーなどカフェインの少ない飲み物も、体をあたため脳に刺激を与えないので夜寝る前にも取り入れることができます。

ここで白砂糖などを入れてしまうと、体を冷やす成分があるため効果は減ってしまうということを覚えておきましょう。
冷え性の人の多くに、食生活が乱れている人が多くいます。
人工甘味料や味つけの濃いものが好きな人は要注意。
スローフードと呼ばれるものや、体に優しいものをとりいれる努力で、体質は改善されていきます。


6月 8 2017

冷え性が引き起こす肩こり

たかが、と侮っていられないのが肩こりです。
冷えが原因で起こることも多く、冬場は本当につらいといった声をよく耳にします。
ただでさえ体が硬直し血液の流れが悪くなるのに対して、重いコートでより一層肩への重圧はかかります。
毎年早くあったかくなるよう祈り耐え忍んでいる人が実はとっても多いのです。

温めてコリ改善が基本

なかなか自分ではストレッチもマッサージもしにくい場所だけに、一旦肩こりになると改善するのが難しいといいます。
また、肩こりをかばった体制がひいては肩甲骨裏に、腰に、足にと様々な部分への負担へとなり痛みが広がります。

血流の流れが悪くなり、ひどい肩こりは頭痛も引き起こし生活に多きなダメージを与えることになるでしょう。
これによる頭痛で仕事がはかどらず、痛み止めを常用しているという人も中にはいますが、胃への負担などを考えてもあまりよいものではありません。


【参考動画:冷え性と肩こりの関係・原因

磁石で治す方法や湿布、鍼など様々な方法があるにはありますが、たいして昔から変わっていないところをみると、肩こりを消滅させるということは不可能なのだということがわかります。
特にパソコンに向かい首肩に負担をかけることが多い現代人。
根本から肩こりを改善するには、まず血流の流れを見直すことだといいます。

同じ姿勢を保つことが多い人は、定期的にストレッチなど自分でできることを。
重い物を持つことが多い人も同様です。
また、背中を丸めた状態だと負荷がかかりやすくなりますので、まずは腹筋を鍛えて背筋をピンと保つのが重要です。

あとは毎晩湯船にゆっくりつかったり、今ではハーバルボールなどといった温めた器具で患部を癒すというグッズも多数でているので自分に合ったものを探すことです。

若いうちから意識づけを

親の世代から体を冷やすなと言われてきた理由が少しわかってきた気がしますね。
体を冷やすことは万病につながり、特に女性は将来的に赤ちゃんを授かる時にまで影響するのです。
冷え性は難産や、早産を引き起こす原因にもなると考えられています。

また、実際に妊娠をしたいと思ったときに妊娠しにくい身体となってしまう可能性だってあるのです。
生理中に体温があがったり、風邪をひいたときに熱が出るのもすべてホルモンや体が発する体を守るための指令です。

肩こりが最近ひどいな、と感じたらそれは体が冷えているサインかもしれません。
アンテナを張り巡らせ、早めの対策で一生付き合う自分の身体をあたためてあげたいですね。


6月 6 2017

冷え性からくる不妊の恐怖

冷えは万病のもと、といいますが肩こりや筋肉疲労、生理痛など様々なところで実感した経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。
しかしながら、女性系の問題においてこれほどまでに冷えの恐ろしさを実感することはないといえるでしょう。
女性は腰を冷やすなといいますがその通りで、子宮や下半身を冷やすことは、妊娠しにくいからだを作ってしまうことになるのです。

不妊に陥る冷え性の恐ろしさ

暖かくて居心地のよい子宮には赤ちゃんが宿ります。
しかしながら冷たくて居心地の悪いところにはどうでしょうか。
これは単なるたとえ話や空想の問題ではなく実際に妊娠しやすいからだになれるかどうかといった話に発展します。


【参考動画:冷え性と不妊症

排卵中にはホルモンの関係で体温は上昇します。
赤ちゃんが宿りやすい環境というのはいつの日も、子宮があたたかいかどうかが関係してくるのです。
仮にめでたく子供を授かったとしても、難産になったり逆子になってしまったりといった理由の一つとしては体の冷えが原因だといわれているのです。
このため、若い頃には大丈夫、と思っていてもいざその時になって体を大切に温めておけばよかったと実感することになるのです。

肌を出したファッションも若いときにしかできない楽しみであるので大いに結構ではありますが、家に帰ったら腰まであたたかいお湯につかったり暖かいハーブティーを飲むことを忘れずに。

改善するためには生理不順を治そう

なかなか妊娠できないと悩んでいる夫婦にとって、タブーはどちらのせいかということ。
どちらか一方に問題がある場合もありますし、両方の場合ということもあります。

しかしながら、女性としては自分の子宮に妊娠の準備が出来ているのか問いかける必要はあるといえるでしょう。
月経不順で長年悩んでいたという人でも、方法次第では周期を安定させることができます。

その一つに、ピルがあります。
ピルというと避妊のために使うといったイメージを持つ人が多いと思います。
しかしながら、ホルモンのバランスを整えるといった意味でも利用され、妊娠しやすいからだ作りにも役に立ってくれることがあるのです。

ピルを摂取すると、不順だった生理が整ってくるのを感じることができるでしょう。
それがチャンスです。
しばらくして周期が整ってきたのを見届けてから、摂取をやめた瞬間、子供を授かったという人があまりに多いのです。

これを助けてあげるにあたって、体の冷えを取り除くということは非常に大切です。
血管を収縮させる喫煙はもっての他ですし、生姜など体を温めるものを多く摂取することで妊娠に一歩近づきます